オリジナルファンファーレ作ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のサーモン集めゲーム作ってみた3で、だいたいのゲームの流れができてきました。
勝ったら、音楽を切り替えることにも成功。

……折角クリアしたならば、クリアしたっぽいファンファーレを鳴らしたい!!

しかし、2時間ほど同人ゲームの著作権について調べてみたのですが、どうも既存のゲーム音楽となると耳コピでもアウトらしい。配布とかしなくても、ネットにUPするだけで駄目っぽそう。

ちなみに、今作ってるのもケニーがアウトなので、ゲーム公開はいたしません。あくまでこんなゲームを作ったよ、というご紹介のみ。
プレイできるのは作った私だけなのだよ、うふふふふ。

とにかく、勝利のファンファーレは動画紹介でもアウトなので、それではないけどもソレっぽいファンファーレを鳴らして勝利を祝いたい……!

ということで、iPhoneアプリのGarageBandをダウンロードしました。

‎GarageBandがあれば、あなたのiPad、iPhoneが多彩なTouch Instrumentのコレクションと、プロ並みの設備を持つレコーディングスタジオに変身。どこにいても、自由に音楽制作が楽しめます。Live Loopsを使用すれば、DJスタイルの音作りも簡単です。楽器に触ったことがない人でも、マルチタッチ...

使い方に四苦八苦しながら、ピアノを選択し、なんとなく鍵盤を叩いて「こんな感じかなー」と曲をリアルタイム入力。

GarageBandにはAppleLoopという商用利用可のLoop音源があるので、ありがたくもそれを使わせてもらいます。

……うーん、なんか長いかな……。

あれ? やっぱループない方がいいかなぁ。

ドラムセットがあったので、自力で叩いてみる。

メロディーがぼやけてしまっているので、音色を変えてみる。

結局、デフォルトのグランドピアノが一番いいんじゃね……?

…………ってな感じで、キリがない!!

散々いろんなの聞いてたらシンプルが一番よく感じてきたので、ピアノで決定にしてしまいます。作曲は今度また別の機会にちゃんとやろう。

ファンファーレが鳴った後、次の曲がフェードアウトで入って欲しいので、普通にArdicityのエフェクトでフェードインかけて、くっつけます。
プログラムでもできるのだろうけれど、素人なので簡単な方を選択。初心者なので、無理はしない。

手前の壁が邪魔だったので、新規にマテリアルを作って、アルファ値を指定して半透明に。
最終的にこんな感じになりました!

こっそりまた音色を変えているのは気にしない。
ケニーの動きがもたついていたりと、ちょっと操作感は微妙かも……。

けれども、コレでまぁまぁやりたいことはできました!

ファンファーレつけるだけで4時間半かかった……。
ほんと、新しいこと始めると時間が全然足りないですね……。

だいぶいい感じにゲームっぽくなってきました。
更にゲームを作り込んで行きます……!

アイテム消える時にエフェクトつけてみた→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。