サーモン集めゲーム作ってみた1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、Blenderでキャラクター作ってみた3 でケニー作成までできあがった沢村。
次は、サンプルで作ったゲームにケニーを組み込みたいと思います!

サンプルで作ったアイテム集めゲーム

ただの緑色のカプセルを集めるんじゃつまらないので、アイテムをファントムサーモンにいたします。
ざかざかっとGoogleの画像検索で資料を表示しながら、鮭をこんな感じかなーと下書き。

清書して、blenderで下絵読み込み。

下絵の設定方法はこちらのサイトさんを参考にしました。
こんな機能があったのか……。

Blenderにて、3Dビュー上に「下絵」を表示するようにする設定についてのメモ。 ※「下絵」=「Backgr…

いろんなサイトで見かけるように、最初は面を組み合わせて作ってみたのですが、
なんか上手く形が取れず……。

結局、3D球を引き延ばしたり縮めたり、切り取ったりして形を作りました。
大まかに作ったものを削っていく方が、自分は作りやすいのかも。


下書きを参考にざっくり(といっても4時間かかっている)形を作り、念願のUV展開!!


意味不明なパーツに何度も悩まされながらも、今度こそちゃんとUV展開をすることができました!わーい!

フリー素材の魚写真から鱗をコピーしていい感じに広げ、
色補正後に手書きで魚の色を厚塗り厚塗り。

だいぶ塗り進めたあとで、真ん中の奴が上下逆さなことに気がつきました。なんてこったい。
下のを塗って、後でコピペする方向に。

ひたすら厚塗り。
鱗のおかげで、多少適当でもソレっぽく見える。

お目々などを細かく描き込み、コピペして反対側にも貼り付け。

最終的にできたテクスチャーはこんな感じです。汚くても気にしない。

それをBlenderに読み込み、マテリアル設定。
ライトを「ヘミ」にして、表示をテクスチャーモードにしてみれば……

シャケできたよーー!!
切れ目が気になるけど、まぁなんとかなるでしょう。

正直、ここまでリアルに作る必要なかった。
シャケだけで8時間かかりました。描き始めたら楽しくなっちゃったんだ……。

次回こそ、ちゃんとUnitiyにサーモンとケニーを組み込みます……!

サーモン集めゲーム作ってみた2へ続く→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。