読書: おうちで学べるデータベースのきほん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おうちで学べるデータベースのきほん
[amazonjs asin=”479813516X” locale=”JP” title=”おうちで学べるデータベースのきほん”]
分かりやすい!
分かりやすいのだけど、オススメで挙げられている新社会人やIT企業の営業職の人にはちょっと厳しいんじゃないかなーとも思いました。
ある程度自分でプログラムも組んだことある人向けかも。
サーバーの構成からSQLまで網羅して教えてくれています。
初心者にとっては所々難しくて分からないところがあったので、他で勉強したあとにもう一回復習として読んでもいいかもしれない。
個人的にデータベースやDBMSの説明で「モビルスーツがDBMSで、ガンダムやザクといった特定の機体がSQLサーバーやDB2に相当する」という説明が大好きです。イメージしやすい(笑)
あと、単元ごとの復習問題で選択肢に「恋人や配偶者の機嫌」と書いてあったり……。その解説がまた面白い(笑)
ちょいちょいツッコミどころのある文が出てきて、読んでいて楽しかったです。
データベースの入門書としては本当にいいかも。
SQLの部分は、ある程度ACCESSを勉強していれば分かりやすいんじゃないかなーと思いました。これ、クエリのことだなーとか、リレーションシップのことだろうなとか、想像がつきやすい。
ACCESSだとある程度ビジュアルで分かりやすい形で構築できるから、データベースの入門としてすごくいいと思います。逆に、ACCESSやってなかったら動き方想像もできなかったと思う。
テーブル構成の落とし穴とか、トランザクションとか、インデックスの裏ワザとか、既にデータベース扱ってる人でも役に立つと思う説明がいくつかあったので、ある程度勉強を進めた人も役に立つ一冊なんじゃないかと思います。
もうちょっと詳しくなったらまた読み直して、どのくらい理解できるようになったか確認するのにもいいかも。
  • データベースをこれから勉強したい人
  • 現役のプログラマーやエンジニアの人
  • 一通り本を読んだけど、全体的な構造がよく分からない人
そんな方々にオススメしたいと思います。
データベース、やっぱ奥深いなぁ〜……

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。