読書:デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これはいい! 分かりやすく全体がまとまってる!!
今まで見てきたデザインHowTo本の総集編って感じでした。現場の流れから印刷の流れまで網羅。

デザインやレイアウトについて細かいことを知りたいという場合は物足りないでしょうが、
これから出版やデザイン業務に関わる人は一度目を通すと全体の流れが把握できていいと思います。

紙のたて目、よこ目についてなど、久々に目にした。
出版一年生なんかは「アジロ綴じって何?」とかなると思うので、デザイン関係の人以外にもオススメします。

そして、リッチブラック……やっぱりCMY30%だよねぇ……? 前に読んだ本は違う割合だったけど……印刷会社によって流派とか派閥とかあるのかしら。
ある程度デザインの現場に出ている方も、用紙の選び方や漫画原稿のことについてなど幅広く書いてあるので、読むと楽しいと思います。
この本、入門編として一番オススメだわ。

こんな人にオススメ

  • デザイン一年生の人
  • 出版業界一年生の人
  • 出版の際の一連の流れが知りたい人

そんな方々にオススメします!

今度、デザインに絞ってオススメ本とかひとつのページにまとめてみようかしら。
その際、間違いなくこの本は上位に来るくらい良かったので、オススメです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。