live2Dでキャラクターを動かしてみた その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のその1で、LIVE2Dにpsdデータを読み込むところまで終わらせました。
このままではパーツがおかしなことになっているので、どのパーツがどれか、ひとつひとつ関連づけてあげます。

サンプル女の子の顔のパーツを選択すると、対応するパーツが拡大表示されるので、
それに対応するパーツをジョアンヌの顔をクリックして対応づけて行きます。

動いてて選択しにくいって時は、左上の「再生」をクリックすると、動きの停止や再生ができるようになります。

「選択要素を対応付け」で確定。
後はコレをひたすら続けていきます。

各パーツの対応付けが終わりました。でもまだバケモノから脱しては居ませんね。
ここから、微調整を加えて行きます。
対応付けが終わったら、下の方にある「OK」をクリック。

エディター画面に戻るので、動きがおかしい部分をクリックします。
クリックすると、パラメーターの一部が変化するのに注目。

「笑顔 開閉」など、緑色の点の周りに赤い線が入っているのがあると思います。
笑顔の表情をつけるときに、このパーツが動いてますよーという目印です。
ここの動きがおかしいので、動きの調整をしてあげます。

やり方的にはこちらの公式マニュアルを参考に。

あとはもうひたすら、調整調整…………

大きな動きは各パーツでなく、デフォーマーというグループ機能で調整してあげます。
無料版だとひとつのパーツにパラメーター2つしかつけられないので、
デフォーマーをどこで使うかがキモになりそう。

調整が終わったのがこちら。
所々気になるけれど、これだけできれば上等か……!

できたら「組み込み用ファイル書き出し」で「mocファイル書き出し(2.1用)」選んで、データを書き出し。

そのあとFaceRigに読み込むのですが……

どーしても上手く行かずに、しばらくいろいろなサイトをうろうろ。orz

最終的に何をどうやったのか分からないまま、それでもなんとかFaceRigに読み込むことができました~!

3Dと比べるとやっぱり多少動きはぎこちないモノの、出来としては満足です。
素人が良くやった……!

さっそく友人に披露しようとLINE電話をしたら……上下反転してしまう?!

Skypeとかだと大丈夫なのに、LINEだとどうしても上下反転してしまって、直すことができませんでした……。

これは、デスクトップ画面をキャプチャして貰って、対応するしかないかな……

何はともあれ、無事(?)完成までこぎ着けられました~!

まだまだいじれるパラメーターがある&途中自分でもどうやったか分からないので、また今度挑戦してみたいと思います!

こーゆーの、さくさく作れるようになりたいなぁ~……

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。