チュートリアルシューティング作ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、前回のゲームジャム時に、ものすごく面白そうなシューティングゲームのチュートリアルを紹介しているサイトさんを見つけました。

はじめに このチュートリアルでは、全方位シューティングのゲームを Unity で作る手順を紹介していきます このチュートリアルで作成するゲームの説明 プレイヤーは WASD キーや矢印キーで移動し、 マウスカーソルの方向に弾を自動で発射します 敵を倒すと宝石を落とし、宝石を拾うと経験値が増えます 経験値が増えるとレベル...

さっそく、作ってみます。

表示画面ですが、このレイアウト使いやすい……!
特に、Projectの「One Column Layout」、いままでアイコンがでかくて目的のファイルがクリックしないと分からないってことがあったのですが、これなら一覧でみられるし、選択も楽。
このやり方、最初に知っておきたかった……!

素材もダウンロードの仕方から説明してくれるのが親切。この英語サイトだと、自力じゃ絶対にダウンロードまでたどり着けません……。英語の勉強、本気で頑張らないと……!

ダウンロードしたファイルは目的のモノ意外も入っているので、要らないモノまで一緒に放り込まないように注意してください。あとでファイルを探すのが大変になります(やらかした)

このチュートリアル、本当分かりやすい!
前につくったボール転がしなど、所々「あれ?」って箇所があったのですが、これは指示されたとおりにサクサクと作っていくことができます。関数の「最後に」追加するのか、「下に」追加するのか、間違えないように注意しながらコピペしていけば、数日で作り上げることができます。

ただ、やっていることは高度です。

コードの詳しい説明はないので、分からないなぁと思ったらその都度ぐぐって調べていきます。
.GetAxixsって何かなーと思ったら、ON、OFFでカクカク移動するのではなく、入りを柔らかくしてくれる便利関数みたいですね。色々設定も可能みたいなので、アクションゲームを作るときに活躍しそうです。
こーゆー関数の存在を知るのに、チュートリアルって本当に助かるなぁ。

はじめに  Unityを最初に触った時のことを覚えていますか?  私は入門書のサンプルのコードを写経して、ちょこちょこパラメータをいじったり、配置するオブジェクトを増やしたりしたのを覚えています。Input.GetAxisメソ...

コードの書き間違いに気をつけながら、ガシガシと作っていきます。
結構書き間違いやらかすので、予測変換を積極的に使っていった方がいいかも。
文字が赤くなっているところは間違っていることが多いので、よく確認します。

コードをわざわざ入力しなくても、コピペで作ることができるので大変助かります。後半はコピペで作成。

途中、Ctrl+Dのショートカットでオブジェクトを複製できると知ったときはゾックゾクしました。
EXCELでお世話になっているショートカットがココでも使えるのか……!

やっていることが本当に高度なので、ものすごく勉強になります。
まだ完璧に理解することはできないけれど、今度「こんなことやりたいなぁ」と思ったときにコレを参考にすれば作ることができる……!
初心者過ぎると「何ができるか」ということも思いつかないので、こういうチュートリアルを数こなすというのは必要ですね。こんなことまでできるんだ……?! と新たな感動がある。

この、一気に視野が広がる感じが本当に大好きです。鳥肌止まんない。

そして、本格的なゲームを作るときは、ファイルの管理をしっかりしないと混乱するなぁということがよく分かりました。変数名とか適当につけてたら、絶対後で何が何だか分からなくなる……。
ある程度はコードを見れば分かるので、あまりにも多すぎて分からなくなったときは、
各クラスに何の変数を作ったか、まとめたファイルを作ろうと思います。
あとでまとめやすいように、しっかり変数名にはコメントを入力しておかなければ……!

あまりにも分かりやすかったので、その勢いのままブロック崩しのチュートリアルもガシガシ進めていきます。

はじめに Unity では、ブロック崩しを作成するチュートリアルが 上記の公式サイトで公開されていますが これは2015年頃に公開されたもので、少し情報が古くなっていたので、 このブログで最新の情報に置き換えたモノを紹介していこうと思います また、このチュートリアルでは、 まずはブロック崩しを Unity で完成させる...

他のチュートリアルはレベル高すぎて理解できませんでした……。
もうちょっと勉強進めたらまたトライしてみようかと思います。

結論。
ものすごい勉強になった……!!

オーディオとか、こんな簡単につけることができるなんて思いませんでした。一個一個選択していたのをまとめて選択できる方法とか、作業時間の短縮法まで学ぶことができた……!

これからはチュートリアル→自力でゲーム作り&勉強→チュートリアル の繰り返しで勉強を進めていこうかと思います。いいサイトさん見つけたなぁ。

Unity始めたばかりで何をしていいか分からないという方に、こちらのサイトさんのチュートリアルオススメします!
もっと勉強頑張るぞー!(>∀<)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。