ディス イズ ア ペンぐらいしか英語が読めないので、頑張ってTOEIC受けてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分でゲームづくりができるよう、コツコツ独学でUnity勉強中……

が、コードとか理解するのにものすごく時間がかかる!

機械語とは違い、自然言語(普段自分たちが使っている言葉)に近いはずなのに、びっくりするほど読み解けない……。

VBAとか組んでいるときはもっとすらすら書けるのになぁ〜と不思議に思っていたのですが、やっとその謎が判明いたしました。

自分、英語アレルギー持ってる……!!

英単語を見るたびに目が滑ります。何個も並んでいるともう無理。

英語の曲とか好きだけれど、一度日本語で訳を知ったらもう音の響きだけ楽しんで、単語の意味など理解しないままでいました。

学校の英語の授業とか嫌いではなかったのだけど、改めて思い返してみればbe動詞とか、どんな意味だったっけ? とまったく覚えてない……! 過去分詞とかって何?? 高校英語レベルも維持してないよ自分! 中学すら怪しいレベル。一応、高校の時に英検3級取ってはいるのだけれど今は履歴書にすら書いてないです。

VBAでは変数名に日本語を使っていたから、すらすら読み解くことができたんですね……。英語名変数使ってるコードだと、解読に時間がかかる……。

Unityアセットとか、説明文が全部英語なので、このままではまずい!!もっと英語力をつけなくては……!!

というわけで、英語のお勉強をはじめました。FFのセリフを英語で聞いたり、英語の曲をひたすら流し続けたりしていたおかげか、耳は少し慣れているようです。会話系にアレルギーはない。……が、文字となると途端に目が滑る……!音で聞くと分かる文章も、文字になっていると途端に分からなくなります。なにこの現象。こんなことあるんだ、と呆然としてしまうほど目が滑る……。

とりあえず、いまどのくらいのレベルにあるのか調べるために、TOEICの模擬テストをやってみました。

[amazonjs asin=”4906033482″ locale=”JP” title=”TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編”]

公式問題集は、正確な点数ではないものの、大まかな点数を出すことができます。

派遣事務のお仕事募集とか見てみると、今の時給+100円くらいのお時給の仕事で求められているTOEICの点数が800点以上。

TOEIC全然知らないけれど、800点からということは、大体普通の人が800点くらい取れるものなのだろうな。これだけ時給が安いんだから、800点というのは簡単に違いない。

……って思っていたのですが……模擬テストの結果、265~395点でした。

……いやいやいや、おかしくない?!よくよく見たら、800点ってかなり頑張らなきゃ取れない点数じゃない??!
それだけしゃべれる人材募集しておいて、あの時給なの?! 求めてるレベル高すぎない?!

大卒以上はしゃべれて当然、という感じなのでしょうか……。それにしては英語しゃべれない大人多いけど。
日本での英語需要はあまりなさそうです。英語覚えれば時給上がるかなーと思ってたけど、それよりプログラム系の資格持ってたほうが良さそう。

とりあえず、転職時のアピール要素は少なそうだなーと思いつつも、これからゲーム作りをやっていく上では必要なので……頑張ったほうがいいよなぁ……。
時給UPに繋がらない、ということでだいぶテンション下がりましたが、覚えれば英語故に断念した勉強(特殊メイクとか)もすべて独学で学べるから! 頑張ることにします!!(自分に言い聞かせ)

模擬テストの点数ですが、なんかTOEICが独自の採点方式をしているらしく、だいたい○点~○点の間、というふわっとした目安を出してくれます。

キチンと時間を計ってやったら、リスニングが210〜305点、リーディングが55〜90点の間でした。わー、リーディングの点数が驚くほどやっばい。なんかもう、長文見てるだけで眠くなりましたもん。仕事終わってから夜9時-11時で模擬試験やったってのも不味かったんだろうけど、とにかく頭に入ってこなかった。

合計点数で見ると、265~395点の間。おぉう、最高に甘く見たとしても400点行かないのか……。とりあえず、当初の目標は400点突破になりそうです。

だけれども、どうせ勉強するならどれくらい成長したのか……何点アップしたのか、正確に知りたい……!
なので、思い切ってTOEIC受けてきました!

GWにガッツリ勉強詰め込んでいこうと思ったのに、前回のブログで紹介したように、4月下旬からまさかの体調不良。

始まりは、去る4月の25日頃…… なんとなく体がだるいなぁ~と思いながら、当時流行っていた麻疹(はしか)におびえて口の中をのぞき込んだ...

4月にある程度勉強していたとはいえ、痛手です。ほんっと、語彙力がやばい。出てくる単語、ほとんど意味が分からない。ローマ字が3つ並んでいただけで拒否反応が起きるレベル。

必死にmikanというアプリで単語を覚えていたのですが、

それよりこっちの「トレーニングTOEICテスト」というアプリで例題解きながら覚えたほうが、単語の使い方もわかるし、記憶に残りやすいです。

‎究極のTOEIC®test対策アプリが新登場! リスニング(Part1から4)、リーディング(Part5から7)の問題集に加えて、ターゲットスコア別の英単語問題も収録! スキマ時間にコツコツ問題を解いて実力を高めよう! TOEIC®はエデュケーション・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。 この製品はET...

そのことに試験一週間前に気づきました……。最初からこっちやってれば良かったなぁー。

あと、TOEICの試験は拘束時間が3時間と長丁場なので、トイレ対策が必須になってきます。12:30から説明が始まって、13時から開始。2時間の試験の後にテスト問題の回収をしてからやっと離席できるので、トイレ近い人は本当地獄です。

一応、試験中に手を上げてトイレに行くこともできるみたいだけど、ほとんど居ませんでした。前日のお昼くらいからできるだけ水を飲まないようにして、当日朝も時間をかけてレッドブル1本飲んだだけにしました。

[amazonjs asin=”B005N4X6M2″ locale=”JP” title=”レッドブル 185ml×24本”]

試験の時は必ずレッドブルを飲むようにしています。あと、変にご飯食べちゃうとお腹動いちゃうので、バナナを一本。糖分も必要だしね。

案の定、乾燥して喉が渇くので、マスクをして少しでも喉が渇かないようにしました。自分、常に何か飲んでないと落ち着かないんですが……こんなに断水したのはじめて。そうでもしないと1時間に1回くらいのペースでトイレ行くからなぁ。

対策のかいがあって、なんとかトイレで困ることはありませんでした。
困ったことと言えば、試験問題を閉じているシールが剥がれなくて苦戦した(結局鉛筆の先を突っ込んでびりびり破いた)のと、試験場まで徒歩7分と書いてあるのに、実際に行ったら30分近くかかって「間違って早く着きすぎて良かった……!」と冷や汗をかいたことでしょうか。
早く着いてもマークシートにいろいろ書くことがあったり、注意書きの紙が置いてあったりするので、意外と時間をつぶせます。早めに行った方が安全かも。

そして、驚いたのが問題用紙への書き込みって禁止されてるんですね……。日本の試験物ってだいたい書き込みOKだからびっくりしました。やっぱり実際に試験受けるといろいろ知らなかったことが分かっていいなぁ。

結果は3週間後に送られてくるそうです。おそらく、ものすっっごく低いと思う。リスニング、模擬テストの時より全然できなかった……。
けれども、最初は低い方が上げる楽しみがあるってモノですね。

定期的にTOEIC受けて、英語レベルUPを頑張って行きたいと思います!👍

英語ほとんど分からない自分ですが、強制的に英語に触れていたおかげで、簡単な文章は読めるようになりました。
今まで拒否反応起こして眺めることすらできなかったのに、自分にとっては大の進歩……!

英語関係は、使っているオススメアプリなど、これからも定期的に進捗状況をUPしていこうと思います。
英語でFF15全編理解できるくらいまで頑張るぞー!😆😆😆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. りべるん より:

    私は公式マニュアルもAssetStoreもGoogle翻訳で乗り切っています…(小声)世間からは「プログラマーだから英語得意」という目で見られがちですが、私的には偏見だと思っています。英会話とかと違って、コーディングでは(特にUnityは)特定の単語のみに偏りがちで、文章的な英語が求められる機会はほぼ皆無なためです。プログラムやコード読解で詰まった際には遠慮なくご相談ください!私自身も勉強になります。

    • 沢村秀 より:

      りべるんさんありがとうございますぅぅぅ!コード読解、本当に苦戦しているのでありがたいです……!にっちもさっちも行かなくなったら、ちょっと本気でお願いするかもしれません……今のところ、代替案に逃げてなんとかなってますが

      コーディングだと特定の単語に偏るんですね。それなら、ある程度文法覚えて、頻出単語を覚えていけばなんとかなるかも……?!
      ちょっと希望が見えてきましたー!とりあえず試験終わったので、またプログラミングの方に戻って頑張ってみたいと思います✨
      いつも励まされるコメントありがとうございます。一緒にいろいろと頑張りましょう~
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。